JICA

2017年度 秋 ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02117B06)
募集終了

国名
カンボジア
職種コード 職種
G161 体育
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2018/2 ・2018/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育青年スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

スバイリエン中学校

3)任地( スバイリエン ) JICA事務所の所在地( プノンペン )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 2.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は生徒数約1300人、7年生14クラス、8年生11クラス、9年生10クラスの計35クラスを有するスバイリエン市内のモデル中学校である。敷地内には高校と中学校教員養成校も併設している。体育教師は5人、体育の授業は1週間に2時間、1年間で76時間の授業が行われている。年間予算は約1万ドル。同校への青年海外協力隊派遣は初。

【要請概要】

1)要請理由・背景

カンボジアでは2006年から2009年にかけ小学校体育指導要領および教師用指導書が作成され、以後全国7000の小学校への普及基盤確立に向け取り組みが行われてきた。一方、中学校体育に関しては、これまでほぼ手つかずの状況であり、小・中学校の一貫した体育教育を確立していくことが課題となっていた。JICA草の根技術協力で日本のNGO「ハート・オブ・ゴールド」による中学校体育科教育支援が2017年1月に開始、今後2018年9月に予定されている中学校体育指導書の完成を受け、まずはプノンペン市、バッタンバン州、スバイリエン州において普及活動をスタートすることとなったことから、配属先においての指導書に則った体育授業の実践、および今後の普及活動への協力が期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.中学校体育指導書の内容を理解し、同僚体育教員とともに指導書に則った体育授業を実践する。
2.体育授業を実践しながら、必要に応じ同僚教員に助言する。
3.NGOの研修会に同僚教員とともに参加し、必要に応じ支援を行う。
4.NGOとゆるやかに連携しながら、中学校体育教育の普及に向け可能な範囲で協力する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

学校備え付けの体育用具

4)配属先同僚及び活動対象者

副校長 男性 (元体育教師)
体育教員 (男性5名 20-40代 高校の体育教員兼任)

カウンターパートは体育教員主任(40代)を含む2名を予定。

5)活動使用言語

クメール語

6)生活使用言語

クメール語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(中学校又は高等学校教諭(保健体育))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(    ) 備考:

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(22~38℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】