JICA

2020年度 春 ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02120A03)
募集終了

国名
カンボジア
職種コード 職種
G126 サッカー
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2020/2 ・2020/3 ・2021/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育青年スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

カンボジア・サッカー連盟クラチェ州ユースアカデミー校

3)任地( クラチェ州クラチェ ) JICA事務所の所在地( プノンペン都 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 5.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は代表チームとユース代表を有し、トレーニング及び公認審判員の育成等を行っている。FIFAと傘下のアジアサッカー連盟、日本サッカー協会からの資金や人的な援助もあり、年間運営予算は150万米ドル規模。ユース代表についてはプノンペン郊外に設立したアカデミー校にて、全寮制のトレーニングカリキュラムで将来の代表チームを担う選手を育てている。2017年より国内全25州に1校ずつアカデミーを設立し、JFAからテクニカルディレクタの派遣を受け、リーグ戦を行いながら若年層の拡充を図る取組みが進んでいる。2019年11月現在クラチェ州にサッカーの(青年)海外協力隊を派遣中。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ユースアカデミーではリーグ戦が行われ、選手・コーチ共に人口が増えるなど、当国のサッカー人気を後押ししている。その一方で、選手指導を適切に行えるコーチ人材は不足している。特に、サッカーに関する技術や指導能力だけでなく、スポーツマンとしての礼節や、協調性、時間や規則を守るといった基本的なことに関する指導力が弱い。そのため、同連盟は2018年から隊員を派遣し、同隊員はコーチの指導力の向上と選手の技術力、チーム力育成の支援を行っている。全寮制のアカデミーはユース代表の1校のみ。各州のアカデミーは、校舎等の建物があるわけではなくグランドのみで、実際にデスクのある勤務先は州教育局スポーツ課となる。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.18歳以下(U18)と15歳以下(U15)の2グループで編成された選手の指導を、コーチ陣と協力して行う。
2.選手の指導計画の立案と実施を、コーチ陣と協力して行う。
3.コーチ陣に対し、技術面と精神面の指導能力向上に向けたアドバイスを行う。
4.練習以外の時間は、州教育局スポーツ課と協力して、学校を巡回しサッカー普及のための活動を行う。
5.上記1から4の活動について、月末にプノンペンのサッカー連盟本部へ活動内容・状況報告(レポート)を提出する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

州政府が管理する公共グラウンド、サッカーボール、コーン、ゴールポストなど

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚: U18ヘッドコーチ1名(40代 指導21年 競技12年) コーチ1名(30代 指導1年 競技3年) U15ヘッドコーチ1名(40代 指導11年 競技22年) コーチ1名(30代 指導1年 競技20年 )

対象者:U18選手25名、U15選手25名、日本の都道府県地区予選レベル

5)活動使用言語

クメール語

6)生活使用言語

クメール語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(JFA・C級コーチライセンス)

[性別]:(男性) 備考:活動が男性主体のため

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)10年以上 備考:実技指導が中心となるため

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(22~38℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

電気へのアクセスは毎日あるが、時折、停電あり。