JICA

2017年度 秋 ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02417B17)
募集終了

国名
ラオス
職種コード 職種
G161 体育
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2018/1 ・2018/3
巡回候補の学校の様子① 巡回候補の学校の様子② 巡回候補の学校の様子③

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

ビエンチャン特別市教育スポーツ局体育芸術課

3)任地( ビエンチャン特別市 ) JICA事務所の所在地( ビエンチャン特別市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 自転車 で 約 0.2 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は首都ビエンチャンの学校体育の監督やスポーツ大会などを計画、運営する機関である。配属予定の課では7名が働いているが、学校体育は中高等学校を中心に監督しており、小学校の体育までは監督が行き届いていない。ボランティアは配属先、又は配属先の下にある地区事務所を拠点としながら複数の小学校を巡回しながら体育指導を行う予定。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ラオスの小学校のカリキュラムでは、週に2時間「体育」の授業が割り当てられているが、現在行われている体育は、校庭に出て手足の曲げ伸ばしをしたり、簡単なボールを使った運動で終わってしまうことが多い。この背景には、用具や器具が不足していることもあるが、先生の大半が体育を指導した経験がないことが挙げられる。また体育とスポーツの違いについても認識されていることは少なく、まずは「体育」の授業とは、どのようなものかを複数の小学校で実践してほしいとのことから要請に至った。ボランティアには、用具や器具が十分でない中で、どのような「体育」ができるか考え、実践することが期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 小学校で実施されている体育授業の実態調査・把握
2. 複数の小学校での体育授業の実施
3. 体育授業普及のための活動の企画・実施
4. 配属先に対する学校体育改善のための提案(可能な範囲で)
※体育の巡回指導はサイセター地区を予定しているが、変更の可能性あり。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

グランド、サッカーボール、バレーボール等

4)配属先同僚及び活動対象者

・同僚: 7名(男性6名:50代2名、40代1名、30代1名、20代2名、女性1名:20代)
・指導対象: 各小学校の生徒50-100名(1学年5-30名、少人数の学校は2学年合同で実施の場合もあり)

5)活動使用言語

ラオ語

6)生活使用言語

ラオ語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(小学校教諭)
    (中学校又は高等学校教諭(保健体育))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(    ) 備考:

任地での乗物利用の必要性

自転車

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(10~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】