JICA

2018年度 秋 募集ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL63018B04)
募集終了

国名
モザンビーク
職種コード 職種
G151 PCインストラクター
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2019/1 ・2019/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育・人間開発省

2)配属機関名(日本語)

サモラ・マシェル中等教育学校

3)任地( ガザ州マンジャカゼ市 ) JICA事務所の所在地( マプト市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 4.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

サモラ・マシェル中等教育学校は、8年生から12年生(日本の中学2年生から高校3年生)が通う公立の中等教育学校である。日本政府の無償資金協力により、教室棟や職員室のある管理棟、屋根付きの屋外型体育施設が建設された(2011年完工)。全校生徒約2,300名、15教室。生徒数が多いため、午前・午後・夜間の3部制による授業を行っている。2018年6月現在、青年海外協力隊(JV)2名(体育 ・数学教育)が活動中。

【要請概要】

1)要請理由・背景

モザンビーク政府は、「中等教育戦略計画2012年~2016年」を策定し、中等教育のアクセス拡大並びに教育の質の向上に取り組んできた。しかしながら、現在も増加する生徒数に対し教員数不足や教室数不足、教育の質の問題を抱えており、同計画を「2016年‐2019年」に延長し、改善に取り組んでいる。情報通信技術(ICT:Information Communication Technology)導入も同戦略計画に含まれているものの、PC機器不足や指導教員不足のため十分に実施されていないのが現状である。同校にはPCルームがありPCも15台使用できる状態にあるが、専任教員が1名しか配置されておらず、生徒に対して十分なICT教育が実施されていない。このような状況を受け、ICT教育を支援するため本要請がなされた。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. ICT(ワード・エクセル等)の授業を担当する。
2. 同僚教員のICTに関する知識・技術向上のための助言を行う。
3. ICT教室にある機器のウイルス対策や維持管理方法に関する支援や改善提案を行う。 (可能であれば故障修理も)

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

教室(黒板等)、PC15台(Windows7)、Micosorft Office2010 (Word, Excel, Power Point)、プリンター

4)配属先同僚及び活動対象者

全教員数:約80名
ICT教員:1名
生徒数:約2300名
担当生徒:10年生、11年生、12年生(予定)

5)活動使用言語

ポルトガル語

6)生活使用言語

ポルトガル語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許・資格等]: (    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:当国教員として必須条件のため

[経験]:(    ) 備考:

その他

・ITパスポート取得か同等以上の知識・能力

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(10~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】